管理栄養士
米国NTI認定栄養コンサルタント
豊永彩子です*

「パン」はお好きですか?
カラダのために「我慢」していませんか?

私はパンが好きです。今ではご飯も好きですが、小さい頃は特にご飯よりパン派でした。それ以外にも、パンの仲間 ”小麦製品” のスコーンやクッキーも好物です。
こんなことを言うと必ず「意外だね」と言われます。
『グルテンフリーダイエット』が流行し、拍車をかけたこともあると思いますが、パンを筆頭にパスタやピザ、麺類などの小麦製品は「食べると太る」「控えた方が良い」と認識している方が多い食品であることは間違いなさそうです。
もちろん、『パンばっかり』のチョイスはいろいろとリスクはありますが、我慢ではなく『上手に付き合うスキル』が大切✨
ちょっぴり『脳のお話』も絡めて上手な付き合い方をご紹介😋

パン好きな方へ。
『 美味しいパンを味わって、楽しんで 』日々の生活に取り入れてほしいと思います。「 痩せたいから、綺麗になりたいから好きだけど…パンは我慢する!」という方を増やしたくない…と思っています🍞✨

パンに限らず、カラダに良い悪い関係なく『好きな食べ物』と上手に付き合いながら、自分のカラダと心のコンディションを整えるスキルが必要です。
我慢することよりも食べ物を選択するスキルをつけることにフォーカスするべきなのです✨

そのための、食べ物を選択するスキルとは
『 妥協しないで本当に美味しいものを選ぶスキル』『食べるタイミング(環境)も大切にするスキル』の2つです。

妥協せず、本当に美味しいものを選ぶスキル

分かりやすく私のこだわりをご紹介しましょう*
本当に好きな食べ物だからこそ、『自分なりのこだわりを大切にすること』 が重要です。パンが好きだからといって、どこのパンでも良いわけではないのです。
むしろパンが好きだからこそ、「本当に美味しいと思っているパンしか食べたくない」と思っています。

近所によく行くパン屋さんがあります。
特におしゃれでもないのですが、いつも賑わっているパン屋さん。そこの私のお気に入りは『レーズン食パン』。別のパン屋さんのパンと合わせて何種類も食べ比べましたが、味のバランスやパン生地のずっしり感、トースターで焼いた時の食感…など全てがパーフェクトなのは、今のところ、近所のパン屋さんです✨

(背が高くないトーストなので、厚めに切って格子状に切れ目を入れるのがお気に入り♪)

と、言ったように徹底的に好きなものにこだわりを持つことが、食事を大切にすることにつながり、最終的に” ココロを満たす”食事をするスキルにつながります。

食べるタイミング(環境)を大切にするスキル

毎日忙しくて、食事の時間はショートカット!する方も多いと思いますが、ゆっくり食事をできるタイミングはありますか?
私は好きなパンやお気に入りのグラノーラを食べるのは、基本的にはOFFの日か自宅作業の日。

大好きなものだからこそ、美味しいものを選び、そしてそれをちゃんと味わえるタイミングと環境を選ぶべきです。それにより、

美味しさを味わいココロを満たすことができます

→ つまり、食べ過ぎを予防できるのです。
『太る食品=我慢する』はすぐにできても、一生続かないと意味がないんです。

自然に続けられる習慣や考え方が必要です。

「休みの日の朝に美味しいパンを食べる」日々の生活の小さな楽しみに🍀🍴
いつもの朝を少し特別な朝に☀
同じパンでも満足感はよりUPします🍞✨

大脳皮質を満たす

美味しさには2種類存在し、反応する ”脳”の場所も異なります。
・快楽の美味しさ
・生きるための美味しさ

『 好きなものを美味しく食べる 』というのは、前者の『快楽』を満たす美味しさの事。ココロの栄養補給です。この美味しさを感じた場合は、『大脳皮質』が刺激されます。

一方で『カラダに必要な栄養素を補給する』と言うのは『生きるために必要な栄養を満たす美味しさの事です。この場合は『大脳辺縁系』 ※「疲れた時に甘いものを欲する」など

この2つの美味しさを上手に満たすことが、食べ過ぎを予防し、上手に食事と付き合いながら思い描いた体型や体格を養い、目指す自分になることができます。

ダイエットを頑張っている方、綺麗になりたくて、ストイックになってしまう頑張り屋さんはこの「快楽の美味しさ」を上手に満たせずにいるのかもしれませんね。

注意点として…
パンが主食になることで、ご飯の場合よりもおかずの栄養的質が低下してしまうリスクや、日常的にパン食となることで、小麦タンパク質のグルテンにより、実はアレルギー反応(無自覚)が起こり、ダルさなどの症状が起こっている場合があります。
セリアック症候群とも呼ばれますが、これを防ぐ方法は『パン』を選ぶ日と『ご飯』を選ぶ日をローテションにする、または好物の『パン』は頻度を決めて、ゆっくり食べられるときだけ、などとすることをお勧めします。
『好きなものだからこそ大切に食べる』という心がけもオススメです。

–Information–
今年は、レシピをお伝えする料理教室ではなく、クッキングスキルを身につけるためのワークショップも開催します✨
事前に詳細情報やクッキングスキルにまつわる情報をお送りしますので、ご興味のある方はこちらにご登録ください✉(NewsLetter のお申し込みをされていない方は、NewsLetterのご登録と合わせてお願いします✨)
クッキングスキルUPレッスン事前登録

Have a nice day❤︎

ayako

News Letter ご登録 or LINE@(NewsLetterと同内容を配信)

管理栄養士/米国NTI 認定栄養コンサルタント/ ホリスティック栄養学・味覚へのアプローチを掛け合わせた考え方を大切に。LINE@にて情報発信中☘カウンセラー*セミナー講師

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で