ぽっこりお腹のほんとうの原因は?

はじめまして。
日本姿勢予防医学協会 セルフケア姿勢指導士
上田加津子です。
これから「ぽっこりお腹解消法」など、綺麗に健康になる
情報をお届けしていきますので、よろしくお願いします。

ぽっこりお腹をどうにかしたい!
手足は太くないのにお腹だけぽっこり!

こんなお悩みの解決には
食事を減らしましょう~
筋トレ頑張りましょう~
毎日ジョギングしましょう~
世間一般に言われることです。

でも、つらい食事制限や筋トレ・ジョギング等で解決されましたか?
多分答えはNO!!ですよね。
頑張っているのになぜ?で終わってしまい、リバウンドしてしまった
人も多いのではないでしょうか。

ほんとうの原因は他にあります。
それは・・・「反り腰」です。

なぜ反り腰がぽっこりお腹の原因になるのでしょうか?

骨盤が前に倒れる反り腰は
骨盤が斜めの線の角度分前に倒れます。
筋肉に悪い癖がついていると、イラストのように支えきれなくなった
内臓が下垂してしまうのです。

ぽっこりお腹になる3つの理由

①内臓下垂

反り腰とは骨盤が前に倒れた状態。
内臓は重力からの悪影響を受け、空いたスペースに下垂します。

②皮下脂肪や内臓脂肪が溜まる。

悪い癖のついた筋肉は重力からの悪影響により骨や関節や臓器の
バランスを崩します。
内臓は本来の機能を発揮できず消化・吸収・循環・代謝が悪くなり、
内臓脂肪や皮下脂肪を蓄積します。

③腸にガスや悪いものが溜まる。

内臓下垂で圧迫を受けた腸は機能低下し、ガスが溜まり代謝も悪く
なります。

ぽっこりお腹には「姿勢」が大きく関係している!!
これを知らずに太っていると勘違いし、食事制限や筋トレ等で解決しようと
しても、根本解決にはならないということです。

実際にぽっこりお腹解消法を体験されたい方は、日本姿勢予防医学協会・公式ホームページをご覧ください。

セルフケア姿指導士。ボッコリお腹でお悩みのあなたへ!全身束ねて私の言うコツをやるだけで健康に綺麗に根本解決できる方法をお教え致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で