インフルエンザが例年より早く流行入りしました!手洗い・マスク・咳エチケット・早めのインフルエンザの予防接種を!【厚生労働省】

このエントリーをはてなブックマークに追加
インフルエンザが流行!
早めに予防接種を!

inhuruenza

厚生労働省は1日、インフルエンザが流行入りしたと発表しました!11月20~26日の1週間で、定点観測している医療機関の患者数が1施設あたり1.47人となり、流行期入りの目安とされる「1人」を超えた。流行入りは昨年と比べると1週間遅いが、例年と比べるとやや早いそうです!

厚労省によると、26日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者数(推計)は前の週よりも約3万人多い約7万人。都道府県別では沖縄県が4.88人で最も多く、長崎県(4.47人)、愛媛県(3.39人)、宮崎県(3.20人)と続いています!

infuruenza

患者数の増加に伴い、各地で学級閉鎖が相次ぐ。厚労省によると、26日までの1週間で学級閉鎖などの対応をした保育所や幼稚園、小中高校は152施設。前の週の65施設から大幅に増えました。



厚労省によると、2017年度のインフルエンザワクチンの供給予定量は2634万本で、16年度の推計使用量2642万本を下回るという。ワクチンの添付文書には「13歳以上は1回または2回注射」と記載されていますが、供給不足の対策として、厚労省は医師が特に必要と認める場合を除き、13歳以上は1回接種とするよう呼びかけています!

【情報提供】
厚生労働省
【関連リンク】
⇒ インフルエンザ対策について

partner