こんにちは!
まだまだ寒さが続きますが、皆さん風邪などひかれていませんか?!

健康ウォーカー専属モデルの住岡美穂です。

「健康」について発信する役目をいただいている私ですが、実は「咳喘息」の持病を持っています。

大人になって気管支炎から喘息になってしまいました。気温が低かったり、やはり時期的には冬に症状が出る感じです。

特に、息子のサッカーのサポートで冬場に外にずっと出ている状態の時は咳が止まらない時がありますので、自分の症状をみながらサポートをしている状態です。

咳喘息において咳が出る理由は。。

①気道の表面にあるセンサーが刺激受ける

②末梢気道が狭くなる

本当にどうやっても止まらない咳は苦しくてたまりません(。>д<)
すぐに病院で薬はいただいて良くはなるのですが、なかなか行くタイミングがないときは

★咳止め

★のど飴

★吸入

を持ち歩いています。
まず、咳止め。
これは、咳止めは、咳反射の中枢の働きを抑えることにより咳を鎮める効果だけで、気道を守る大切な防御反応の一つである咳は、無闇に止めれば良いと言うものでもないらしいです。

私も咳止めは「どうにもならず、今だけ咳を止めたい!」というときに服用します。

のど飴は、
のどを冷やしたり、咳反射を起こす脳(咳中枢)の反応を抑えたり、気管支を拡げて呼吸を楽にする効果があるみたいで、咳反射を抑える働きがあるのではないかと推測されています。

そして、吸入は絶対必要!!

速効性で咳を鎮める「吸入する気管支拡張薬」は、吸入して5分で効果出ます。
喘息の方ならご存知かと思います。

私のように気管支炎から咳喘息になる事もありますので、自力で風邪など治せないと思ったら、基本中の基本ですが。。すぐに病院で診てもらいましょう!
私みたいに病院苦手な方もいるかと思いますので!

これはオマケですが、
十数年前からずっと何気なくしてきた事が、喘息には良い事だったらしく。。
顔の保湿のために、だいたいマスク生活をしています。
睡眠中も必ずマスクをしています。

喘息予防の他に。。保湿効果、風邪予防、日焼け予防。。冬場は、寒さ予防。。と、ほぼ24時間マスク状態なのです(^∇^)

だいたい「マスクの人」で通用しそうですが笑

最近は、まわりにエチケットのためにマスクは必需品ですね!!

こういうとき、やっぱり「健康が一番!」って思いますね。
私も健康で、皆さんのためになる。。笑顔になっていただける活動をこれからも益々頑張ります!

次回もお楽しみに( ・∇・)

初代ミセス広島グランプリ2015 30代代表。Fashion show、TV 、ラジオ、雑誌で幅広く活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で