前々回の「命の大切さ」のお話しは、いろいろな方々からの気持ちや感想をいただきました。

ありがとうございます!

こんにちは。健康ウォーカー専属モデルの住岡美穂です。

前回のつづき。。
「パルファン、オードパルファンは香りが濃いのでウエストから下につけると良いですね!」と、香水のつける場所についてお話しをしていたと思います。

本当は、肌につけるもので髪や服などにつけるのはNGなんですが、肌が出ていない時も私はひざの内側にシュッとひと吹きします。

デニムや、パンツ、レギンスなどの上から香りを纏うように吹き掛けます。色落ちするものもあるから気を付けながらですね~
香りは、下から上に向けて香るのでふんわり丁度よく香るから私は腰より下につける事が多いですね!

あと私もよくしていたのが、好きな香りをコットンに湿らせて、ハンカチなどでくるみます。それを、クローゼットの中とかタンスの隅に置いておくとほのかに自分の好きな香りがお洋服に移り、気分も最高ですよ!

香水の含まれるアルコールや香料には雑菌・防虫効果があるから一石二鳥ですね!

あ。記事を書いていて今閃いたのですが。
紙のコースターの端に穴を開けてそこに紐を通します。
そのコースターに香水を湿らせて車に掛ければ車フレグランスになるかも?!

そして。香りの基本。

★トップノート
香水を付けてから10分間くらいまでの香り。爽やかで刺激が強い香りとなります。

★ミドルノート
香水を付けてから30分~1時間ぐらい。香水の中心的な香りとされています。付けた香水の個性が表現されます。

★ラストノート
香水を付けてから3時間以上経過すると、ラストノートと呼ばれます。
余韻として残る香りで、持続性が高い香りとなっています。

中心的存在の柔らかな香りのミドルノートに合わせて。。例えば、好きな人と会う20~30分前に香水をつける裏技を試してみてください。
会った時キツくなくふんわり香ります。

音楽と一緒で、「香り」もその時代の事を思い出します。その人のイメージにもなり、ワンランクアップできるかも!!
男女問わず、「香り」で素敵に自分を演出できますよ!!

まだまだ幅広く、私の経験も含めお話しできたらいいなぁ。。と思っています。
次回はどんなお話しをしようかなぁ。。
お楽しみに( ・∇・)

初代ミセス広島グランプリ2015 30代代表。Fashion show、TV 、ラジオ、雑誌で幅広く活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で