三陰交-さんいんこう

ツボのとり方

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、人さし指があたっているところが三陰交です。

ツボの働き

足の三つの経絡(脾経、腎経、肝経)が 交わるところ。左右の足くびへかかるバランスを改善して、ひざにかかる負担を軽減し痛みを緩和します。

 

===================

足三里(あしさんり)

ツボのとり方

ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本そろえて小指があたっているところが足三里です。

ツボの働き

里は「気」「血」の集まるところ ツボ名の一里は一寸。消化機能の低下は、ひざを支える筋力低下の原因です。胃腸のはたらきを高めてひざの痛みを緩和します。

===================

鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧は?
効果があるの?

 

「手あて」がはじまりです。カラダに異変がおこると、ヒトは思わず痛いところ、つらいところに手をあてるところから「手あて」という言葉は生まれました。カラダのバランスがくずれると、カラダの表面にあらわれる痛みやコリ。そこに手をあてることでその症状をやわらげようとしたのが「手あて」のはじまりです。やがてカラダの中のトラブルと、カラダの表面にあらわれる痛みや異常にはつながりがあることがわかり、そのポイントをツボとしたのです。カラダへの究極の「手あて」、それが鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧なのです。
東洋医学-ツボ-鍼灸-あん摩マッサージ指圧


鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧は私たちのカラダが持っている自然治癒力をサポートし、高めることがその主な働きです。症状がやわらぐ、改善できるというのはあくまでもカラダの持つ自然治癒力の働きによるのです。だから鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧は「効く」のではなく自然治癒力を高め、その結果として症状がやわらぎ、改善されるのです。

 

現代医学の治療が「病気を治す」ことが中心であるとすると、鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧をはじめとする東洋医学は「カラダづくり」が中心です。私たちは「病気を治す」ということだけに目が向きがちですが「カラダづくり」と並行することの大切さが今、注目を集めています。そうすることでお互いが補完しあい、よりすこやかな日々の暮らしにつながっていくのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で