大晦日に年越しそばを食べる理由は?年越しそばは健康に良い?縁起がいい?【健康情報サイト『健康Walker(健康ウォーカー)』】

このエントリーをはてなブックマークに追加
大晦日に年越しそばを食べる理由は?

年越しそば

大晦日に年越しそばを食べるのは縁起を担ぐ意味があります。
たくさんの意味があるので代表的なものを紹介していきますね!



細く長く伸びるという意味

そばは細く長く伸びることから、縁起がいいという説。寿命を延ばし、家運を伸ばしたいという願いが込められています。


そばが健康に良いという説

元禄時代の書物『本朝食鑑』に、そばは健康によい食べ物、といった意味のことが記されています。そこから、そばによって体内を清浄にして新年を迎える、という説があります。


災厄を断ち切るという意味

そばは切れやすい、ということから、一年の苦労や厄災をきれいさっぱり切り捨てようと食べる、という説があります。


金銀細工師にちなんでいるという説

金銀細工師は、飛び散った金銀の粉を集めるときにそば粉を使います。そこから、そばは「金を集める」という縁起で食べるようになった説があります。


鎌倉時代の風習が元になっているという説

鎌倉時代、博多の承天寺で年末に、年末を越せない町人に「世直しそば」と称してそば餅を振舞うと、その翌年から町人たちに運が向いてきたので、それ以来、大晦日にそばを食べる風習ができたという説があります。

partner